ITO HIROKI

いつでもまっすぐ歩けるか。

ITO HIROKI

ARIGATO FARM_2020_S/S

3.9, 2020

L1008946

 

 

ARIGATO FARMの春夏じゃがいもの開始。

 

しんたろうくん、キミくん、リョースケ、ともちゃんにあゆみに

 

ミニトマトの匠のイサオも参戦。

 

 

植付けを予定していた日曜日。

 

ご存知の通り雨。昼過ぎには上がる予報を信じて開始時間を午後からへスライド。

 

結果、なんとか全ての作業を完了。

 

 

created by dji camera

 

 

created by dji camera

 

 

今回は半面をマルチと呼ばれる黒色のビニールで覆いました。

 

雑草対策です。いろいろ訳あってマルチ側の畝の感覚が広めです。w

 

何事も勉強ですね。w

 

イサオのスーパーサポートもあり、なんとかカタチにはなりました。

 

そしてこのマルチ、生分解マルチと呼ばれ最終的に土壌に分解されるもので

 

昨今のSDGs等のプラスチック問題を考慮しました。

 

 

L1008963

 

 

L1008967

 

 

L1008973

 

 

L1008985

 

 

L1008977

 

 

雨上がりということもあり、まさに「泥だらけ」

 

しかし前回より確実にスピードはアップしてます。

 

 

経験や体験から得たもの、そしてそこからの学びは「個人資産」

 

ARIGATO FARM_2020_S/Sの始まりです。

 

 

 

ではでは。

 

おっす! 一番星!!

 

 

 

 

 

光と風と水

3.6, 2020

L1008926

 

 

気温も徐々にあがってきて植物たちも少しずつ活発に。

 

去年の10月と12月に播種したグラキリスたちも明らかに成長速度が増してきた。

 

 

L1008937

 

 

先日、天気の良い日中、外の温室にだしたところ、多少の遮光はしたんですが

 

遮光具合が弱かったらしく、一部葉焼け。。(日焼けみたいなもんね)

 

下記の亀甲龍の実生たちも一部葉焼け。w

 

 

L1008936

 

 

適度が難しい。日々勉強です。w

 

今一度遮光具合をあげて徐々に慣らしていこうと思ってます。

 

そんな中、さらにグラキリスを播種。

 

 

L1008932

 

 

60種くらい播きました。

 

前回までの発芽率が40%ちょいなので

 

今回もそれに従うのなら25の実生くらいは追加できるかと。

 

2頭(ダブルヘッド)や3頭(トリプルヘッド)といったものたちは

 

一体どのタイミングでそうなるのか?

 

ちょっとした楽しみです。

 

 

 

そして「ARIGATO FARM」

 

 

L1008919

 

 

L1008921

 

 

いよいよ畝も立って、種芋を植え付ける段階へ。

 

「スキマ農業」の欠点は天候に振り回されるとこだね。

 

 しかしそれもまた対自然においては仕方ない。

 

 合理と不合理のバランスを楽しんでおります。

 

 

 

んで話題のコチラ。 

 

「鬼滅の刃」

 

 

2020-03-05 23.53.17のコピー

 

 

一番好きなアニメは「グランゾート」という、ほぼほぼ時代が止まってるくらい

 

アニメはあまり見ませんが、これ、試しに観始めたら面白かった。。

 

まだ途中。

 

 

Netflixの「FOLLOWERS」は通覧。

 

最高〜に面白かった。

 

幅広い世代に響きそうな多様なキャラクターたち。

 

いろいろ書きたいけど、ネタバレになるのでやめておきます。

 

当たり障りないとこだと、部屋のインテリアとしての植物たちが

 

いちいちカッコ良い。

 

とにかく面白かった。

 

嫁もどハマり。

 

 

 

さー、ハナキン。

 

日曜日、なんとか天気が良くなりますよーに。

 

それでは皆さん、良い週末を〜☆

 

 

おっす! 一番星!!

 

 

 

 

 

 

「手段」は多いほうが面白い

3.2, 2020

L1008888

 

 

某鳥屋さんの営業が残すとこ1ヶ月。

 

というわけで七輪パーティ。

 

名残惜しいどころの騒ぎではない、、愛しさと切なさと。

 

 

L1008915

 

 

んで今週もお外でワイワイな日曜。

 

さすがに近所の子供達も自宅待機なんでしょう。

 

そこら中から子供達の賑わう声が。w

 

ふぅー。みんな頑張れ。w

 

 

 

 

さてさて、毎度繰返される

 

○○○パニックからの人的パニックに備えた【アフターコロナへの提案】

 

 

 

・ティッシュやトイレットペーパーが無くなるとのウワサからの特需について。

 

 

「日用品へのダイナミックプライシングの導入」

 

ダイナミックプライシングとは、需要に応じて供給価格が変動する

 

最近ではアーティストのライブ等で導入されてるそれです。

 

 

需要に応じて価格を上げるなんてけしからん!!

 

と、思われるかもしれませんがダイナミックプライシングの本質は

 

「本当に必要としている人へ必要なモノを届ける」

 

なので、今回のように不必要にティッシュを買い漁ったところで

 

家庭に無駄にストックされるか転売かされるかのどちらか。

 

なので、今回のような場合はティッシュの価格を段階的に上げていく。

 

するとどこかの価格で買い渋り(需要減)が発生するので、そこからまた段階的に元の価格へ戻していく。

 

供給側が「価格」というボトルネックを意図的に作ってあげることにより

 

(不必要な)需要をある程度抑える事ができる気がします。

 

 

そして「本当に必要としている人へ必要なモノを届ける」

 

 

普段よりちょっとお高いティッシュなら、いつもより大事に使うかもしれませんし。w

 

コロナウィルスもさることながら、環境問題もかなり深刻ですし。おすし。

 

 

 

 

 

・飲食店等への出控えについて

 

要は今回の場合だと「不特定多数」の人との接触リスクを避けてるわけだから

 

時間区切りでの貸切売りをする。

 

例えば、席数20くらいのスープカレー屋さんがあるとします。

 

ランチ(またはディナー等)の時間帯を¥60,000-にて貸切売りします。

 

例えば、上限15人分のランチと1ドリンク付き。

 

友人たちと共同でそのチケットを買えば一人単価も下がり、何より安心感も担保できますね。

 

 

「不特定多数の見知らぬ他人」は嫌かもしれませんが

 

これが「知人や仲間」になるとグッとそのハードルは下がります。なぜだか。。w

 

「ランチ」としてだけ見ると割高かもしれませんが

 

「場」として見ればプライベートな公園みたいな側面もあるのかと。

 

 

 

 

あと、学校給食テイクアウトで買えんかな〜。

 

久しぶりに食べたいなぁ〜、学校給食。

 

 

 

 

持続性を考えた多様性は、こういった部分にもあっていい気がします。

 

「今までの常識は、実は常識ではないんだぞ!!」

 

そんな事を必要悪としてコロナくんが教えに来てくれたのかもしれません。

 

地球は人間だけのものじゃないからね〜

 

という究極で〆。

 

 

 

 

追記。

 

そんな中、横浜アリーナでライブを行う予定だったBAD HOPが無観客ライブを実施。

 

負債1億の無料youtubeライブ。

 

もーねー言葉にできないけど、めちゃめちゃ感動しました。

 

曲の合間のMCでこんな発言。

 

「どーせ(コロナで)コケるなら、コケかたにもこだわりたい」

 

かっこ良過ぎて痺れました。

 

クラファンも同時にスタート。

 

もちろん支援させていただきました。

 

 

 

10年前では考えられなかった景色であり世界。

 

「手段」は多いほうが面白いね。 

 

そんな事を感じた週末。 

 

 

 

ではでは。

 

おっす! 一番星!!

 

 

 

 

VS 目に見えないモノ

2.28, 2020

もはや確率の問題。

 

リモートワークが可能で、ウーバーイーツが届き、ECで必要なものが全て届くような

 

都会の中心の篭城生活でしたら極めて確率は下げれるんでしょうが、、

 

そんなわけにもいかない地方や職業では、もはや確率の問題なのかもしれません。

 

 

 

ある程度の籠城生活を強いられそうな中

 

本日よりNetflixにて「蜷川実花監督 FOLLOWERS」が配信開始。

 

 

2020-02-26 18.07.44のコピー

 

 

色彩演出は言わずもがな。演者も錚々たるメンツ。

 

生なましさと緊張感を表現したかのような手持ちのカメラワークも最高。

 

現代の「消費社会」を揶揄した物語でしょうか。

 

まだ一話目なのでわかりませんが。w

 

めちゃ面白そうです。 

 

 

 

で、今週土曜日には嵐のドキュメンタリーも更新とのこと。

 

 

2020-02-27 13.34.27のコピー

 

 

「ARIGATO FARM」は3月の植付け準備で第一回目の土起こしが完了。

 

 

created by dji camera

 

 

太陽と風と水。

 

植物だけでなく、人にもきっと必要な要素なのではなかろうか。

 

 

ランニング月目標30kmには今年はなかなか届かず。。w

 

 

Screenshot_20200227_123919_com.runtastic.android

 

 

 

ちゃんと食べて、しっかり寝て、適度な運動。 

 

 

人間本来の免疫力の向上により「感染(重症)確率」を低下させる。

 

もうね、そんくらいしか方法が浮かばない。w

 

VSコロナの僕なりの解。

 

コロナがインフルよりも勝ってる部分って感染時の「風評被害」くらいな気が、、。

 

知らんけど。

 

 

 

 

でね、今回のウィルス騒動が与える経済ショックは

 

リーマンショックを超えてくるんではなかろうかと、僕個人は思っております。

 

何故ならば、数値化できない上に目に見えない外的要因だから対処と出口が不透明。

 

知らんけど。

 

 

外出控え。消費控え(マスクを除くw)

 

この二次被害をもどう乗り越えるべきか?  同時並列で考えていかなければなりません。

 

こと飲食店さんにおいては、テイクアウトキャンペーンを大々的に初めたらいいんじゃないかと。

 

車でお店へ行って受け取って、帰宅して食べればほぼほぼドアtoドアで安心感も担保出来ますし。

 

風通しのいい公園でランチや、花見的な屋外での飲み会へテイクアウトでもいいですし。おすし。

 

とにかく過去の災害等から学ぶのであるならば、大事なのは過度の自粛は逆効果であるという事実。

 

 

どんな災害が起ころうと、または不景気と言えど、世の中の「富の総量」は変わらない。

 

ただ、それが循環していないから弱る、死ぬ。

 

 

経済(エコシステム)を超わかりやすく例えると「人間の血液」みたいなもんなんです。

 

血液の量は同じでも、それが循環しなきゃ死んじゃいます。

 

 

地方の強さって、狭いが故の「仲間意識」

 

困ったらみんな声を上げて助けを求めればいい。

 

自助、互助、共助、公助のフル稼働。

 

僕はそれに、地方ならではの「仲間はファミリー」というヤンキーイズム的なのを足したものを

 

「互恵的生態系」と呼びたい。

 

 

”Reciprocal ecosystem”

 

 

実はこれ、植物を育ててる時に浮かんだんです。w

 

経済も植物も生態系(エコシステム)なわけですが

 

2020年代はちょっとダウンサイジングさせたエコシステムを表す「互恵的生態系」を。

 

 

 

 

しかしまー、このウィルス問題が終息した後の「アフターコロナ」の世界は

 

ちょっとだけかもしれませんが、今回の件によりいろんな「無駄」が見直され

 

より良い環境になっているかもしれません。

 

 

「目に見えないモノ」によって「可視化されるモノ」

 

21世紀的ポスト「神」的な概念。

 

「共同幻想の破壊と創造」

 

実は新時代の節目にはピッタリな物語なのかもしれません。

 

 

 

 

 

さー、ハナキン。

 

日曜日は再び天気が良さそうなので自宅で子供とランチBBQ。

 

夜はNOT CURRYのスープカレーをお持ち帰りディナー。(仮)

 

 

皆さん、全体最適にも目を向けサスティナビリティ(持続可能性)の高い週末を〜。

 

 

おっす! 一番星!!

 

 

 

 

※小中高が急遽休校へ、とのこと。

 風通しのいい「ARIGATO FARM」では3/8(日)に春のじゃがいもの植付けをします。

 今回はマルチ(土に分解されるビニール使用)を張ったりするので人手が多いに越したことありません。

 余暇とパワーを持て余してる親さんや子供達はお手を貸してください。w

 

 お問い合わせは、しんたろうくん、キミくん、リョースケ、ともちゃん、あゆみ、僕までどーぞ。

 持ち物 : 長靴とちょっとのやる気

 

 

 

ブロッコリーとハンモック遊びで姪っ子と和解

2.25, 2020

天気のよかった連休。

 

しかし、ご存知の通り世間を賑わすウィルスリスク。

 

特段外出しなきゃいけない予定もなかったので

 

自宅の庭でひたすら遊んだ二日間。

 

 

引き続き食欲旺盛過ぎる弊息子。

 

いよいよ「脱いだらヤバイんです!!」的な体型になりつつあるので

 

野菜でお腹を満たしてやろう作戦。

 

エンタメ要素を盛り込んで「野菜」を食べさせよう作戦。

 

という訳でまずは畑へ。

 

 

L1008826

 

 

僕の母が育てたブロッコリーをもぎりにいって、ウッドデッキでランチ。

 

 

L1008838

 

 

L1008842

 

 

その後も庭で遊ばせつつ(カロリー消費させつつ)、同時に温室の仕上げ作業へ。w

 

 

L1008834

 

 

固まる土で下地を整え、フロアデッキを貼り、オリジナルのプランツラックを設置して

 

とりあえずは完了。

 

 

L1008866

 

 

L1008854

 

 

L1008857

 

 

急激な環境変化は望ましくないので、少しづつ様子を見ながら自宅内から移動中。

 

春先には各方面から鉢が届き、植替え祭り。

 

 

そして通常は真上に伸びる植物を、横へ流れるようなカタチへ形成したく

 

盆栽技法の「針金掛け」にも挑戦中。

 

 

【自然と不自然】

 

 

L1008881

 

 

この植物(コチラはごく一般的な観葉植物)、グーグルレンズで検索すればうる覚えだった名前はすぐでてきたんですが

 

針金掛け以降はグーグルレンズでうる覚えのその名前はヒットせず。。。

 

なるほどねー、やはり「平均」から外れるとAIのアルゴリズムでは難しそうなのねー。

 

 

 

めっちゃ外で過ごした二日間。w

 

家でのタスクもかな〜り片付き超スッキリス。

 

過度の自粛をしてる訳ではありませんが、ある種いい機会だと思ってます。

 

ただ、、経済へのダメージだけが気になるところです。。

 

これを機に外的要因リスクの強烈さを知り

 

いろいろと「生き残るためのダウンサイジング」について考えてみてもいいのかもしれません。

 

知らんけど。

 

 

 

 

ではでは。

 

おっす! 一番星!!

 

 

 

 

 

 

ハサミとインターネット

2.21, 2020

スクリーンショット 2020-02-20 23.14.48のコピー

 

 

いやぁ〜このお方の考察は相変わらず深くてすごいな、と。

 

例えば、ハサミはちゃんと使えば優れた道具だが、使い方を間違えると凶器にもなりうる、的な。

 

遅いインターネット / 宇野常寛

 

落合陽一氏の才能をいち早く見抜き世に広めたお方であるとも認識しております。

 

 

 

ここからは本に関係なく余談。

 

学校へのスマホ持込みの良い悪いの話。

 

これもしっかりとした使い方さえ子供へ教えることが出来れば

 

なんら問題無いどころか便利で合理的なはず。

 

ハサミは危ないから紙は手でちぎってるような話。

 

んで、そのスマホ持込みの良し悪しの判断は学校が規制すべきか親が規制すべきか問題。

 

その責務、義務教育が持つべきか家庭教育が持つべきか。

 

僕は当たり前の如く家庭教育だと思う。

 

義務教育へ何事も頼りすぎというか、、アウトソースし過ぎ。。

 

学校教育を否定しているのではなく、家庭教育の重要性(必要性)を推しております。

 

というか、歴史がそう語っております。

 

 

なぜならば、歴史とは靴であるから。w

 

スクリーンショット 2020-02-20 23.42.29のコピー

 

 

スクリーンショット 2020-02-20 23.14.09のコピー

 

 

 

 

スクリーンショット 2020-02-20 23.15.26のコピー

 

 

スクリーンショット 2020-02-20 23.15.50のコピー

 

 

 

 

スクリーンショット 2020-02-20 23.16.17のコピー

 

 

 

印象に残ってる面白かった本から

 

購入してまだ読んでないけど、どーにもこーにも面白そうな本たち。

 

 

 

ホントに本って、お値打ちですね。w

 

さーハナキン。

 

週末は嫁と子供のベッドの新調から植物のお引っ越しに温室の整調などなど。

 

細かなタスクは後回しにしない!!

 

これ、僕的に基本のキです。w

 

 

と、自分のケツを叩く。

 

それでは皆さん、よい週末を〜☆

 

おっす! 一番星!! 

 

 

 

 

 

 

 

リスクオフサンデー

2.17, 2020

L1008821

 

 

塊根植物たちのハウスプロジェクト。

 

元来のマダガスカルの気候にすこ〜しでも近づける為に温室をリメイク中。

 

ようやくゴールが見えてきました。

 

ここから床を張り、オリジナルで製作中のアイアン棚や細かな什器を設置して

 

春向けはひとまず完成。

 

現在2~4ヶ月のパキポディウム グラキリスの実生50体も春にはこちらへ引っ越し。

 

そして再び播種を繰り返し、夏には100体越えを育成予定。

 

今週にはバオバブの木も仲間入り。

 

家の中も着々と緑化中。w

 

 

 

そんな雨の日曜は、時事的にも人混みを避けインドアクルージング。

 

姪っ子とシャボン玉に夢中な弊息子。

 

 

L1008814

 

 

L1008759

 

 

さー、いろいろと春が楽しみです。

 

ではでは。

 

おっす! 一番星!!

 

  

 

 

 

工作

2.14, 2020

L1008721

 

 

もはや懐かしい、つい数日前の初の降雪の日。

 

今日はびっくりするくらい暖かかったのに。。w

 

雪が降って喜ぶのは、子供とスキー場くらいか。w

 

初の雪との対面に大興奮だった弊息子。

 

朝からパジャマで庭を駆け回る。

 

後ろに見える、ちょっと大きめの車庫も完成。

 

春はお外でBBQの回数を増やそうかと思ってます。

 

皆さんぜひ。w

 

 

 

アマゾンプライムビデオにてレンタル購入ですがコレ、めっちゃ面白かったです。

 

『工作 黒金星(ブラックビーナス)と呼ばれた男』

 

 

2020-02-13 22.47.39のコピー

 

 

一平とか021ちゃんとか絶対好きだと思う。w

 

工作員(スパイ)の実話を基にした映画。

 

中間管理職というか、調整役の重要さ

 

そして政治力とは、国家の統治とは。

 

必要不必要の二項対立的な意味ではなく

 

単純に僕的には世の中複雑だなーっ、と。

 

でも結局はやはりエモーショナル(感情的)ではなく「合理的」に動いてるんですよね。

 

お見事。

 

 

 

続いては土の工作。

 

春の「ARIGATO FARM」へ向け、土起こし前の牛フン撒き。

 

 

L1008736

 

 

L1008742

 

 

というわけで次は、土起こしからの畝制作へ。

 

もちろん今回もその部分はアウトソース、外部委託です。

 

3月上旬、いよいよ植付け開始。

 

今回は前回よりも目一杯場所を利用して一回り広げる予定。

 

 

寸法

 

 

 

最近は言葉も行動もコピーするようになった弊息子。

 

ハンドルを握る様。

 

 

L1008753

 

 

君が成人するその時まで、この写真を残しておいてあげたい。

 

びっくりするだろうね。

 

 

「えーーっ!!  車にハンドル付いとるやん!!」

 

「えーー!!  人が手動で運転してたんだーー。。」

 

「でらノスタルジックやんっ!!www」

 

 

モビリティツールとしての「自家用車」というモノが

 

それはそれは懐かしく感じる事でしょう。

 

 

 

現在、僕の仕事は「車屋」というもはや具体的でコンパクトなものではなく

 

A地点からB地点へ快適、安全安心、有意義に移動する為のサービスやモノを提供する事なんです。

 

つまり抽象的に言えば「モビリティサービス屋」さんなんす。

 

それを踏まえた上で現状、メインの移動ツールである車を中心に

 

多様なユーザーへの最適な情報(環境)を見定め、いろんな提案が出来たら面白いよね。

 

 

 

2020年代の「LOCAL AREA」はモビリティ コンシェルジュ屋。

 

という、ビジョンの工作で〆。

 

 

 

 

 

さー、ハナキン。

 

もー、春だね。

 

塊根植物たち、無事に越冬。 

 

皆さん、よい週末を〜☆

 

 

おっす! 一番星!! 

 

 

 

 

 

 

UNAGI GOLF 2020始動

2.10, 2020

 

 さー、今年初のUNAGIゴルフ@関ヶ原カントリークラブ。

 

 

一発目は、いつものしんたろうくん、けんじろうくん、まちゃりんパイセンに加え

 

湯浅さん、いっくんパイセン、たまちゃんパイセン

 

そしてこの日が記念すべき初ラウンドとなるFLAGのしんやくん

 

 

IMG_20200208_124923

 

 

朝一。

 

まさかの今年初の降雪と出会う。w

 

そんな気候の中「寒い寒い、体が回らん」と

 

言い訳混じりの吐息を交わしながらわいわいラウンド。

 

 

IMG_20200208_133618

 

 

IMG_20200208_120601

 

 

幾度となく出会う鹿たちが、僕のボールを加えてグリーンまで運んでくれないだろうか?

 

そんな通称「鹿チャンス」も訪れる事なく、今回も僕のスコアは安定の数字。

 

 

何よりしんやくんが楽しそうでよかったよかった。

 

またぜひみんなでゴルフしましょー。

 

そして今年もみんなでいっぱい遊びましょう。

 

そして呑みにも行きましょー。w

 

 

 

そして夜は各々の家族も合流、お洒落ハウス玉井家へ移動してホームパーティ。

 

冬に窓を開けっ放しにしても室内がまだ暖かい、、暖炉の威力マジで凄い。。

 

 

1581243003622

 

 

IMG_20200208_183518

 

 

というのも実は、あの某鶏の精肉店がこの3月に閉店してしまうとのことで

 

最後にみんなで堪能しようよと。

 

鶏パーティ&危険なお酒(合法な焼酎です)

 

 

IMG_20200208_203418

 

 

屋外で男子は鳥を焼き、室内では子供が走り回る。

 

最幸な週末です。

 

 

んで、この日いた16人の内ほぼ半数が早生まれという偶然。w

 

 

IMG_20200208_205840

 

 

子供達はまだ、ケーキよりもロウソクを消す方が好きなのね。w

 

 

めちゃめちゃ楽しかったです。

 

たまちゃん、ガッちゃんありがとうございました。

 

 

 

ではでは。

 

おっす! 一番星!!

 

 

 

 

 

 

ARIGATO FARM 2020始動

2.7, 2020

L1008713

 

 

「ARIGATO FARM」a.k.a 地球防衛軍2020始動。

 

先日、喫茶 緑にて春ジャガと今後のビジョンの擦り合わせミーティング。

 

しんたろうくん一家と、キミくん、リョースケとウチ。

 

 

 

・農業就労者の平均年齢を下げる

 

→ 若返りにより新しい面白いカルチャーが生まれるんじゃなかろうか、と持続性のアップ

 

 

・持続性の高いコンテンツ

 

→ 無形資産の蓄積と信頼の構築へ

 

 

・面白さから創出するやりがいと壮大な暇つぶし

 

→ 次世代へ向けた新たなインセンティブの提案と「余暇」への解決策として

 

 

・環境問題に向かいあってみる

 

→ みんな地球船の乗組員だお、と「環境問題」は英語と同じくらい世界共通言語だお

 

 

・食料問題と食の安全にちょっと興味を持ってみる

 

→ 世界的には人口増であるのと、インフレや地政学リスクへのリスクヘッジと健康寿命への意識

 

 

 

 

春播く種芋は冬のと違い、一つの種芋をカットして使える為

 

その点においてはコストが大きくカット。

 

しかしその反面、気温が暖かいので雑草の処理の手間がアップ。

 

草むしりは正直しんどい為、今回は実験がてらビニールを畝に張ろうかと。

 

ですがそれだと、ビニールごみが発生するという皆のビジョンに背いてしまう為

 

コストは上がるが土にかえるビニールを使用してみる事に。

 

 

いよいよ今年になって「なんだか冬が暖かいぞ」という気候変動に気付き始めた方も多いはず。

 

最近では毎年恒例の豪雨も然り。

 

SDGs関連の話ですが、いよいよ本気で地球環境について抜本的に変えていかないと

 

もう二度と後戻りの出来ない「臨界点」を2030年頃(うる覚え)には超えてしまうそうな。。

 

で、それももはや個人レベルの活動では意味をなさないそうな。

 

国や企業ベースでの抜本的な改革が必要とのこと。

 

 

とはいえ、、です。

 

 

いつの時代だって、危機に立ち向かう「ヒーロー」という概念はカッコいい。

 

サイズ感や規模感でなく、カッコいいというスタイル、イデオロギー(思想)。

 

日本のいいとこである四季の一つ「冬はつとめて」に雪はあった方がいいですし。おすし。w

 

VS 気候変動。

 

 

 

そしても一つ。 

 

デジタル社会において、徐々に失いつつある人間本来の「野生」の感を取り戻す。

 

 

How : 人為的に「自然」環境を作る事によって、日常生活(デジタルなネットワーク)から離れる事になり

 

その結果、日常に余白が生まれ自由な思索をするようになり

 

そこからあらたな「クリエイティブ」や「セレンディピティ(偶然の発見)」が生まれるのではなかろうか

 

という仮設。

 


それは今の時代において「贅沢」にあたるのではないでしょうか。

 

 

Why : AIやレコメンド、フィルターバブルといった一方的、もしくは

 

単一性の高い情報に対して希少性が増してる「偶然性」の発掘にも繋がる気がするからです。

 

希少性が高いモノに「価値」が生まれるのは、経済学や過去の事例からも明らかである。

 

 

 

と、まー、綺麗事っぽくなっちゃいましたが

 

もはや綺麗事でもなんでも構わない。w

 

 

ただ、それらを目的とした場合、どうしても手段や持続可能性として避けては通れない

 

「知見」と「労力」と「お金」の確保。

 

皆さん、気が向いたらご協力、ご参加くださいネ。

 

 

 

あと、他にも本業以外でFARMに挑戦してる法人や個人の方も

 

横の繋がりで交流やシェアしませんか?

 

 

Why : 一つひとつが小さなFARMである場合、多くの横の繋がりを持ったほうが

 

受け取れるフィードバック(承認欲求的なの)が多くなる可能性があり

 

そこにまた一つ面白さが生まれるんではなかろうかと。

 

または競争性が生まれ、ゲーミフィケーションが成立したり。

 

 

 

 

まー何より、カッコいいと思えるか否か。

 

面白いと感じられるか否か。

 

そんな種まきが「ARIGATO FARM」a.k.a 地球防衛軍なのです。 

 

アチョーッ!!

 

 

 

 

さー、ハナキン。

 

週末は久しぶりにゴルフ。

 

最近、ランニングの距離が伸びていないので

 

いっぱい走ってこようと思います。w

 

 

それでは皆さん、良い週末を〜☆

 

おっす! 一番星!!