HAYAKAWA HIROMI

今夜もこっそり風呂しょんべん

HAYAKAWA HIROMI

「長良川おんぱく2020」公式ガイドブック

12.27, 2020

長良川おんぱく2020」公式ガイドブックで、

長良川温泉の各旅館・ホテル様にインタビューをさせていただきました。

 

 

来年2月開催。

魅力的なプログラムでいっぱい!

オンラインで参加できるプログラムも!

IMG_4331

 

わたしが書かせていただいた部分はコラムになっています。

お顔写真も撮りました〜。

やっぱ紙媒体はいいね!

IMG_4332

 

10年前のガイドブックでも、

同じように7軒すべてを取材させていただきました。

10年後にまたみなさんにお会いできてうれしかったです。

 

そして、コロナ禍でそれぞれの施設が思うこと、感じたことをお聞きして、

毎回胸が熱くなりました。

みなさん前向き!

伝統を大切に、新しいものを受け入れる。

来年以降の鵜飼がどうなるのかも楽しみです。

 

わたし個人としては、コロナで取材の仕事がなくなり、

デスクワークが数ヶ月続いていたので、

こうして外に出て、実際にお会いして取材をする日々はとてもしあわせでした。

カメラ片手に現地へ・・・。

いちばん好きなスタイルだし、わたしの原点です。

 

長良川温泉まで徒歩20〜30分くらいかな。

長良川沿いを歩いて現場に行く時間もぜいたくでした!

ギター買いました

12.14, 2020

ちょっと更新が途絶えていてごめんなさい。

その間、いろんなことがあり、

書き手として生きていく自信も新たに生まれ、

日々成長、前進しています。

自分のたくましさに惚れ惚れするわ!

 

ところで、先週、ギターを買いました。

「このまま人生でギターが弾けないまま死んでいくのはいやだ」と思ったから。

 

そして、わたしは音楽の記事をたくさん書いてきましたが、

ほんとうは演奏者になりたかった・・・という素直な気持ちを大切にしたくて。

 

12/2、キングヌー@日本ガイシホールにぼっち参戦する前に、

楽器屋さんに立ち寄って物色。

店員さんと相談しながら見つけたこのギターに一目惚れ。

数日悩んだ末、買いに行きました。

 

IMG_4308

 このシリーズのこの色は世界に1本しかないそうです

 

かなり予算オーバーでしたが、

妥協など一切なく「このギターが欲しい!」を手に入れたのでとても満足。

豊かな気持ちでいっぱいです。

 

もちろん、ギター教室に通います。

来年、再来年・・・10年後の自分が楽しみです!

わたしが仕事を募集した理由 その1

10.1, 2020

ライターのわたしから渾身の長文、良かったら読んでって~!

最後まで読むと、なにか自分の内側がざわつくかもしれないよ~。

 

 

先日ブログにアップした「お仕事募集中!」の件、

いまのところパートのオファーなしです。

 

 

どんな仕事でもやってみたいので、

なにかありましたら気軽に声かけてください。

人手をお探しの方がいらしたら、

ぜひぜひぜひに、紹介してくださいませ!

 

 

コロナで取材やインタビューの仕事がなくなり、たくさん時間ができました。

インタビューはコンサートの主催をしている会社、サンデーフォークさんからのお仕事が主だったので、ライブができなくなってしまった昨今の事情から当然のことです。

サンデーさんには本当に本当に良くしていただきました。また以前のようにみんなが足を運んで楽しさをからだごと共有する熱いライブが出来る世の中になることを信じています。

 

 

仕事が激減したわたしはからだが固まってしまい、頭も働かず、すぐに機転をきかせて動き出すことができず、ただただ眠いだけで半年近くず~っと眠っていました。

「寝てばかりだなんてずいぶん怠惰なやつだ」と自分を責めた時期もありましたが、「まずは自分を肯定することが大事だ」と思い直し、寝たいだけ寝ることにしました。

 

それだけ疲れていたんですね、自分自身に。

長年ライターの仕事をする中で傷ついたこと、自分に嘘をついていたこと、勝手に背負っていたこと、プライド、ひとに流される性格、きらわれたくない思い、干される恐怖感、仕事しててもちっともわくわくしない・・・などなど。

「わたしって疲れていたんだ~。よくがんばってやってきたなぁ!」って気づくことができました。

 

その中で、クライアントさんに痛烈な原稿のダメ出しをされて、死にたくなった日もありましたが、今は感謝しかありません~。

ちゃんとリベンジの機会を用意してくださいました。ありがたいです。

 

これまでときどきあった原稿のトラブルの根本的な原因もわかりました。

 

それは、わたしの中で「どうせだれも読みはしない」という思いがどこかにあったからです。

ライターをしているとときどき「文なんか読まない」「文章がじゃま」などと言われることがあります。真面目なわたしはいちいち傷つき、やる気が失せていきました。

もちろん、そのときそのとき一生懸命に仕事に挑みました。

だけど、「自分の信念が現実になる」というのが潜在意識の仕組みですから、実現し、わたしはライターとして必要とされなくなっていきました。

 

 

ここまで自分と向き合ったのですよ~!すごくないですか!

苦しかったし、スピリチュアルをとことん追求し、それをまるごと放り投げたことでようやく気分が晴れやかになってきました。

元気が出てきたのでしょう。寝ることにも飽きてしまいました。動き出したくなってきました。ライターの仕事への執着も捨てました。「ほかにできることがあるんじゃね?」なんていう、別の世界を見てみたい好奇心が湧いてきました。

 

パートの情報サイトでいろいろと探してみましたが、やろうと思えばやれるけど、まだ少し不安があります。履歴書を書くのも面倒ですし・・・えへへ。

ならば、知り合いに紹介してもらおう!と思ったのです。こちらから仕事を探すのではなく、向こうからやってきた仕事を楽しみたい!と思いました。

「そうしよう」と決めたとたん、視界が広がり、久しぶりにわくわくしてきました!!!

(もちろん、必要であれば履歴書書きますぜ)

 

 

以前のわたしだったらプライドが高くて「“早川さんってライターの仕事ないんだ~”って哀れな目で見られたらいやだな」って見栄を張って、みじめな自分をさらけ出すことなんてできなかったけど、

今は「お仕事募集中!なんでもやりまっせー!」って言える自分が愛おしくて誇らしくてたまりません!!!

(さらけ出せるようになったことがあまりにもうれしくて、この部分を太字で大きくしてみました〜)

 

 

そして、自分をぜったいに卑下しない、自虐しないことに決めました。文章を書くときは、これまで以上に「必要なだれかに届くように」「自分自身に響くように」想いを込めることにしました。

なによりも自分を信じて!!!自分を楽しませたいっ!!!

 

てなわけで、お仕事お待ちしていま~す!

お仕事募集中〜!

9.29, 2020

とつぜんですが✨
「なんか人手が足りないわ〜」っていう方、
わたしに出来る仕事があれば声かけてくださいませ!
書く仕事以外で!
もちろん、書く仕事もよろこんでお受けします!
1日だけの単発も大歓迎よ〜✨
来月は空き時間がたんまりありそうなので、家でくすぶっているよりは外に出たいのです!
と言いつつ、在宅仕事でも良いですぜ。
気軽に声かけてねっ❤️
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※レギュラー仕事の〆切が1本あるので月曜以外、いつでもOKです!
※時給はお任せします!
(書く仕事の場合は応相談。この分野はプロですので)
※車に乗らないので勤務地は交通至便の良い場所でお願いします。
※長期の場合は週2〜3日・4〜5時間出来るかも〜!
※変な仕事、怪しい仕事はご遠慮ください・笑
IMG_4088
日曜の朝ごはん。しらす丼

原点回帰

8.23, 2020

わたし、文章書くのが好きでライターになったのに、

いつの間にか文章を書くことが辛くなってた〜〜〜!

 

仕事だと緊張しちゃう。

クライアントに気に入られるように書かなきゃいけない。

〆切がタイト。

慌てちゃう、焦っちゃう、苦しい、パニック、

でもやらなきゃ、稼がなきゃ、高い評価をもらわなきゃ、

そのためにも少しくらいウソ書いたっていいよね、

気に入られたい、失いたくない、怖い怖い怖い・・・。

 

原稿を勝手に修正されたときの無価値感、

文章がヘタなのがバレて“出来ない子”のレッテルを貼られたときの無価値感、

低評価だったときの無価値感、

仕事が来なくなったときの無価値感、

原稿料が入らなかったときの無価値感・・・。

 

文章を書くのが好きで、

想いを綴るのが好きで、

書くことがうれしくて楽しかったときの自分に戻るためには、どうしたらいいのかな?

 

 

“自分のために書いてみれば?”

 

 

天からの声。

涙があふれそうになりました。

 

そうそう、そうだわ、それだわ。

morinos 冊子

7.6, 2020

おちゃるがブログで紹介している森林総合教育センター、

愛称「morinos(もりのす)」の冊子を、編集を担当したさっちゃんが送ってくれました。

IMG_3947

写真にピントが合ってなくてすみません〜

 

わたしは准教授のナバさんのインタビューや、

建築家・隈研吾さんと涌井学長の対談の文字起こしなどを担当しています。

 

昨年夏、森で取材をさせていただいた豊かな時間を想い出すとうっとりします。

こうして形になるとうれしいね。

もちろん、おちゃるが紹介しているHPからもダウンロードできます。

(メインページの「資料・教材」をクリック → 施設案内の「morinosがうまれるまで」をクリックしてダウンロード)

スピってる話・その2

6.12, 2020

「現実は自分が放つ周波数が映し出しているだけ」
 
 
これが心底理解できたとき、
日常の見え方、生き方、感じ方ががらりと変わります。
 
例えば悪い出来事が起きたとき、
「自分の周波数が映し出したんだ」と気づいて、
その周波数を手放し、受け入れ、統合する。
わたしは決して“ひとのせいにしない”この宇宙的なものの見方が大好きです!
 
 
 
前回書いたインドのakikoさんとのチャネリングのセッションで、
わたしに「仕返し」の周波数が強くあることがわかりました。
 
最初聞いたとき「そんなものわたしにはない」と正直思いましたが、
時間が経つにつれて子ども時代から思い当たるふしがわんさか!
まさにいつも「仕返し」を考えている人生でした。
当たり前のように使っていた周波数だけに、自分ではなかなか気づけませんでした。
それだけに、宝ものを掘り当ててもらった気分です。
この周波数を手放せるよろこびといったら!
 
 
さてさて、
1年半ほど見続けているYouTube動画「チヒロ⭐︎なう」が昨日久しぶりに更新されました。
もし、わたしの話にビビビッときたら、ぜひぜひ見てみてください。
 
40分以上あるので画面は見なくとも、
家事をしながら、運転をしながら、作業をしながらラジオ感覚で聴くのもおすすめです。
(エンディングの30秒ぐらいは見たほうがいいかも!)
重い周波数はさっさと手放して、軽やかに生きていく時代の到来です。
どなたかのお役に立てますように・・・!

チャネリング、ブロック解除、アクティベーション、アルクトゥルスヒーリング

6.8, 2020

先日、インドにお住まいのakikoさんの個人セッションを受けました。ZOOMで。
 
内容はチャネリング、ブロック解除、アクティベーション、アルクトゥルスヒーリングなどです。
 
わたしはどうやら激しい人生を選んで生まれてきていて「仕返し」みたいなものがテーマなのだとか。
前世から続いているようです。
そう、わたしのこれまでを一言で表すと「仕返し」そのもの。納得です。
でももうそれに疲れてしまいました。
本来のわたしは、闘うのではなく、猫みたいなふにゃ〜っとしたタイプだそう。
 
「こんなに激しく辛い人生の中、よくここまで自力で波動を上げてきましたね」となんども感心してくださいました。
(ええ、コツコツやってきましたから・・・)
自分では解除しきれなかったプロックや、感受性が強すぎて傷つくのが辛いために全閉じしていたチャクラの解放、
過去の書き換え、オーラや波動を整えてもらいました。
さらに、アルクトゥルス人が1ヶ月かけて修復してくれるそう!
(アルクトゥルスについてはまたいずれ)
 
わたしからは「純度100%のわたしのままで表現して生きられるように整えてほしい」とお願いしました。
 
akikoさんはフレンドリーでゆる〜いひとなので、こちらも終始リラックス。
わたしの場合、自力では解放しきれないことがわかったので、
年に一度は確かな腕を持つプロに頼んでメンテナンスをしてもらうことが必要だと実感しました。
 
「無理してなにかをしようとしなくていい。したくなったらすればいい。それよりも自分を大切にしてあげて。
例えばコーヒーにもう一杯砂糖を入れたいなと思ったら我慢をしないとか、そういう細かいところ」
 
YouTubeでも人気のakikoさん。
もしもピン!ときたら、ぜひ、出会ってみてください〜。
あなたもスターシードかも✨
YouTube
※6/6(土)にFacebookにアップした記事を転載しました。

元気ですか〜?わたしはめ〜っちゃ元気です!

4.29, 2020

コロナで良いことが2つありました。

 

ひとつは夫がタバコをやめたこと。

結婚して20年以上わたしが「やめて」と言い続け、

思春期の娘が「くせえぞ、くそじじい」とののしってもぜったいやめなかった夫が、

志村けんが天国に旅立ったのを機にスパっとやめました。

(たまに電子タバコを吸っている様子。許容範囲)

 

 

もうひとつはずいぶん前に完済した案件の過払金請求の手続きをしたこと。

コロナで仕事が激減したのはわたしも同じ。

テレビのCMをぼんやり見ていて「もしや」と思い、

なにかに背中を押されるように弁護士事務所に問合せてみたら「該当します」とのこと。

さっそくお願いしました。

調査から支払いまで2〜3ヶ月かかるそう。

金額などは期待せず、依頼したことさえ忘れるくらいの気持ちでいます。

 

 

 

コロナを恨むか、いったん受け入れてから「なにを見出すのか」で、

コロナ前・コロナ後の生き方が変わってくると思っています。

 

「否定からはじまるところに新しいものは生まれない。

まず、相手の話を聞き、受け入れるところからはじまる。

そうすると、新たな啓蒙の世界が広がる」

 

Mr.都市伝説・関暁夫の言葉。

わたしが生きる指針にしている言葉です。

 

 

 

それはさておき・・・ミレパ、かっこ良すぎませんか。

わたしはこの時代に生まれ、KING GNUとミレパ・・・常田大希の音楽に出会えたことを、

とてもとてもうれしく感じています!

 

・・・・・

 

サンデーフォークさんのサイトにてインタビュー。

半﨑美子

hanzaki_2004_600-full

純度の高い音楽を発信し続けている半﨑美子さんは、わたしの憧れ。

こんなふうに正直に生きられたら、、、といつも思います。

泣きながらのインタビューになりました。

 

 

みんな〜!

手洗い、うがい、マスク、消毒などはきちんとして、

自分の思考から良い周波数を放ちまくって、

この時代を乗り越えようぜぃ!!!

くびき

4.12, 2020

昨日、ヨガのレッスンで、
思うように上がらない足、情けないほどに反らない背中や痛みと向き合いながら、

 

この不自由でコンプレックスだらけの肉体から解放されて、非物質的な存在になってどこへでも自由に飛んでいけたら、どんなに開放的なんだろう!って心底思った。

 

死にたいっていう意味じゃなくて、
肉体、老い、執着、願望、欲望、不安、恐怖といったものにいかに縛られているか。
そこから手を放すことで無限の自由が感じられる気がした瞬間。

すべてを取り払ったときの“身軽さ”を想像すると、うっとりするのです。

 

(4/11にFacebookに書いたものです)

(有料サロンに参加するため先月からFacebookをはじめましたが、来月末ぐらいでやめる予定〜)