HAYAKAWA HIROMI

今夜もこっそり風呂しょんべん

HAYAKAWA HIROMI

人前で話すこと

6.18, 2018

サンデーフォークさんのサイトで、インタビューさせていただいたLAID BACK OCEANの記事がアップされています。

LAID-BACK-OCEAN_1806_600_400

インタビューが決まって、はじめて彼らの音楽にふれたときの感動、忘れられません。

わたしを開放してくれるワード、リズム、サウンドのセンス・・・素晴らしいほどに規格外。

衝撃を受けました。

ぜひ、アルバム「NEW MOON」を聴いてみてほしい。

YouTube Preview Image

「STANDING BACK」

YouTube Preview Image

今回のアルバムには入っていないけど、わたしがもっとも衝撃を受けた曲「イマワノ_ラブ」。

自由を感じたし、励まされたし、信じる強さをもらいました。

 

・・・・・・・・・・

 

先日、毎年恒例、「長良川おんぱく」パートナーさん向け文章術の講師をさせていただきました。

IMG_9372

Facebookより↓

IMG_9423 (1)

わたしのボケーッとした顔、笑える!!

写真家・澤田尚正くんの写真術の講義中。

 

人前で話すことは相変わらず得意ではなく、声ぶるぶるで言葉もカミカミでしどろもどろですが、愛と情熱を持ってお話しすれば必ず伝わると信じて、進めさせてもらいました。ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。お役に立てましたでしょうか。

 

・・・・・・・

最近の子ども弁当

・・・・・・・

IMG_9390

牛ステーキサラダ仕立て

(数日前の夕飯の残り)

 

IMG_9399

親子丼

 

IMG_9437

チキンカツ

やればできる、

6.6, 2018

先日、とつぜんパソコンが起動しなくなり、焦りました。

パソコンがなければなんも仕事できんから。

 

アップルケアに電話して、中味を外付けHDD(購入)に移し、新たにOSを入れて、なんとか乗り越えることができました。ひとつクリアするごとにお電話をさせていただきましたが、どのスタッフもとても親切でした!ありがたい!

 

(と同時に、このブログのパスワードが消えてしまい、大月さんにお願いして教えてもらいました。忙しい中、感謝です!)

 

予期せぬことって、起きるもんだね、突然に。

最初は「無理!」って思って目の前が真っ暗になって、絶望的な気持ちになるけど、そこから(面倒くさいなと思いながらも)未知のパワーが出て来て、知恵をしぼって最善を尽くして、なんとか解決できたこと、自信につながりました。

 

・・・・・・・・・・

 

サンデーフォークさんのサイトにて、インタビューさせていただいた記事がUPされています。

 

彼女 IN THE DISPLAY

KID_1805_600_400

福岡のバンド。めっちゃかっこいい。しびれました。

原稿もわたしの理想に近づけられたと思う。でも、「と同時に〜〜〜併せ持つ」っていう表現が、「同時」と「併せ持つ」、同じ意味やから、もっと整理するべきだったという反省点もあるけど、素朴に、素直に、率直に話してくれた彼らの想いを届けるお手伝いができたかな。

YouTube Preview Image

「STAY KID」

 

 

FES☆TIVE

FESTIVE_1805_600_400

キュートで元気いっぱいのお祭り系アイドル。

原稿チェックでけっこう削られてしまうかなと思ったけど、彼女たちのそのままの言葉を生かしてくれて良かった!! とてもラブリーでかわいかったです。

YouTube Preview Image

「大和撫子サンライズ」

 

 

BRIDEAR

BRIDEAR_1804_600_400

3回目のインタビューにしてはじめてライブに行きました。

やはり、インタビューとライブとでは表情がちがう。行って良かった!! そのときの感動が爆発した原稿となりました。思い入れのあるバンドです。

YouTube Preview Image

「Dear Bride」

 

・・・・・・・・・

最近の子ども弁当

・・・・・・・・・

 

IMG_9226

豚しゃぶ弁当

 

IMG_9290

親子丼弁当

 

IMG_9307

焼きそば弁当

 

IMG_9311

ナスのミンチはさみ焼き&サラダ弁当

仕事が楽しい。これまでだって楽しかったけど

5.15, 2018

サンデーフォークさんのサイトにて、

インタビューさせていただいたBRADIOの記事がアップされています。

きらめきDancin'

YouTube Preview Image

昨年インタビューさせていただいたとき、わたし自身、納得のいくインタビューができなかったので、ライブに行き、すっかりファンになり、再びインタビューする日を待っていました。