HAYAKAWA HIROMI

今夜もこっそり風呂しょんべん

HAYAKAWA HIROMI

生きにくい性格

4.28, 2014

最近、時間があるときに、積極的にほかのメンバーにコメント(チャチャ)入れています。

ふふふ!

わたしが知ってるときのSignaLは、みんなのコメントであふれていたから。

 

そういうの、面倒くさい時代なのかな。

時代のせいにしてみたけど、すっきりと、ひっそりと、こっそりな今のSignaLも心地よいです。

気を使わなくていいもん。

だっ、けっ、どっ!

わたしは下町のおばちゃんみたいに、リアクション、入れていきまっせー。

無理しないで、心が動いたときに。

 

・・・・・・・・・・

 

先日ここにアップした、

何を植えたか忘れたけども無事に越冬してくれた植物ですが、

(これです)

IMG_2672

先日、久しぶりに庭を見てびっくり。

かわいらしい花を咲かせていました。

こういうステキなサプライズがあるから、ガーデニングはやめられません。

手入れはてきとうだけど(小声で)。

IMG_1058

アップルミントもにょきにょき芽を出しています。

 

表の鉢植えもほら!

奥の長いかごに入った左はしの越冬した植物が・・・

IMG_2683

こんなに可憐な花を咲かせています。

濃いピンクのナデシコもきれい。

ohana

右の白いジャスミンはわたしの管理が良くなかったみたいで、あまり咲かなくなりました。

ばしばし剪定したほうがいいみたい。

って思ったらいてもたってもいられなくなり、今、剪定してきました。

庭に植えたほうがラクそうなので、近々、そうします。

 

そう、わたしは基本、植物男子ベランダー と植物の育て方の考えは同じです。

 

・・・・・・・・・・・・

 

わたしはいろんなことに敏感で、いろんなところ(身体の)も敏感ですが、

もう、あほみたいに気になってしょうがないタイプ。

主に人の言動。

それに流され、落ち込み、立ち上がるということの繰り返しで、

こんな生きにくい性格、なんとかできんかとスピリチュアル系の本を読んだり、

ときにはお金を出してセッションを受けたり、

人のせいにしてみたり、

甘えた生き方をしている自分が悪いと、自分のせいにしてみたりで、心がざわざわ。

ずいぶんとうまくつきあえるようになりましたが、やはり、生きにくい。

結果、生きにくいのがふつうだと思うことにしました。

 

そんな中、さきほど、自分の心が、

「わたしの話を聞いてほしい。

 わたしに耳をかたむけてほしい。

 でも、わたしはつまんない人だから、わたしの話なんてつまんないから、誰も聞いてはくれない」

と嘆いているような感じがしました。

 

ここのところ飲み会が続いたのだけど、

なんかちょっと、つまんないなっていう瞬間がいくつかあって、

それってよくあることなんだけど、今回はスルーできなくて。

 

例えば、何人かで飲んでいたとします。

そのうちのひとりが、わたしに話をふってきました。

わたしに気を使ってふってくれたのだと思う、それ、すごくうれしい。

でも、さあ話そうとしたら、別の人が全部自分の話に持っていっちゃった。

 

「ちょっとー!わたしの話も聞いてよ、今、わたしに話ふってくれたじゃん」

とも言えない浅い関係なので、

そうだよね、わたしの話なんてつまんないよね、聞きたくないよねって、さみしく思いながら、

持っていかれた話をじっと聞く、そんなシチュエーションが何度かありました。

同じ人ではなく、別の人からも。

 

話を持っていってしまう人は、自分が中心になりたいのかな、さみしいのかな、

それとも、わたしに話をさせるのが悔しいのかな、もしかしてだけどライバル心持ってる?

やっぱりわたしに興味がないのかな・・・

想いをめぐらせてみるけれど、相手の心情は、よくわかりません。

 

もうその人たちとは飲まないことにしました。

つまらないから。

マナーとしてどうよとも思っちゃうし、

そういう人に限って、ありがとうを言わない。

 

かといって、わたしに注目が集まると、とたんに話せなくなるのです。

怖くなって、わたしの話なんてたいしたことないから、注目しなくていいよおうって、

緊張しちゃって、自信がなくなって、言葉が出ない。

たぶん、それでたくさんのチャンスを逃していることでしょう。

 

ああ、生きにくいったらありゃしない!

 

いいじゃん、そんなこと、どーでも!ってスルーできたら、どんなにいいでしょう。

小さな心の声をひろったはいいが、フォローができていないのよね。

 

・・・・・・・・・・・・

 

うちの愛犬、18歳と4ヶ月のニパコ。

後ろ足をひきずり、腫瘍をぷらぷらさせながら、今もよたよた歩いています。

でも、1日の大半は寝ています。

こんなふうに、こたつで。

IMG_1069

もう4月けえ

4.1, 2014

この前お正月だったのに、早いねぇ。

毎年、4月まではほんとうに早い。

 

前回アップしたお花、サクラ満開!

とってもきれい!

IMG_0931

 

娘の卒業式、無事に終わりました。

IMG_2470

 

ミーティングを重ねたアフターパーティも大成功!

 IMG_2621

やっていくうちにプロ並みの腕になったお母さんのバルーンアート、素敵でしょう。

北部コミュニティーセンターで行いました

IMG_2631

 

しかーし、あんなに練習したママさんコーラスは大失敗。

実行委員は「上を向いて歩こう」の下のパートを練習していたのだけど、

練習しすぎてしまい、

上のパートを唄うお母さんたちよりも声が大きくなり、

みんなつられて下のパートを唄ってしまうという。

 

あの唄を知らない子どもらは、下のパートを主旋律だと勘違いしないだろうか。

それもまたいい思い出だ。

 

子ども会の会長もしていたため、

主に土曜の朝に行われる実行委員のミーティングに出席するのは大変だったけど、

参加させてもらって良かった。

お母さんたちのパワーにただただ感動です。

 

 

そして、ママ友ってなんだろうと考える良いきっかけになりました。

 

わたしは誰とつきあうにしても、表面上ではなく、わりと心の深いところまで見せてしまうし、

見せてほしいとも思う。

いざというとき、その人のために出動したいと願う。

大切に、じっくり、長くつきあいたいのです。

 

でも、そうではない人っていて、

もしかしてそれが大半で、

わたしが濃い関係を求めすぎるのだろうかと悩み、考え、傷つきました。

 

でもやっぱり、わたしは表面上だけではつきあえない。

そういう薄い関係の人と、お酒を飲みに行ったり、人のうわさ話なんてしたくない。

時間がもったいない。

だったら、基本、ひとりでいいし、ひとりのほうが気楽。

できるだけ自分がブレない環境を作ろう。

 

今回のパーティのように、わたしに出来ることでお手伝いできて、

その期間、濃く、みんなで協力しあうような、そういうおつきあいはしていきたいな。

いざというとき、出動したい。

 

不器用なつきあい方しかできんけど、

わたしが変人なんだろうかと自分を責めたけど、

基本、ひとり。

それがいい。

そう思ったら気持ちが晴れやかになった。

 

さらっと表面上つきあえる人は、それでいいし、まちがってない。

自分を認めることで、ほかの人のスタイルも認められるね。

 

・・・・・

 

先日、娘と東京へセレブ旅行に行きました。

六本木ヒルズグランドハイアットの会員だけ使える部屋に泊まり、

とあるセレクトショップの高い服をもらい放題という。

身内が裏原宿のセレクトショップで成功しているので。

成功ってなんだ!?

うん、でも、あれは成功だと思う。

すてきなもてなしを受けた。

ありがたい!

 

初東京の娘は憧れの109で買い物をし、

IMG_0900

大好きなSEKAI NO OWARI が作った大田区のライブハウスに連れていってもらって、ご満悦。

IMG_0901

 

・・・・・・・・

◆最近のお仕事

・・・・・・・・

「東海バル案内」

9784835614960

岐阜のバルを紹介しています。

カメラマンはビンキーちゃんです。

 

帰ってまいりました!よろしくお願いします!

2.28, 2014

みなさん、ごぶさたしています!ロミ姉です!

SignaLに帰ってまいりました。たぶん5年ぶりぐらいでしょうか。

 

大月さんに「またブログやりたいねん」と言ったら、

両手を広げて抱きしめてくれました、心の中で。

 

大月さんの懐の深さ、柔軟な心、SignaLに対する想い、考え、わたしの中にびんびん響きました。

とても感謝しています。

ありがとう。

(わっ、いま大月さんのブログを見てびっくり!ただいま!泣ける!ありがとう!)

 

・・・・・・・・・・

 

あのころ、SignaLを辞めたのは、疲れてしまったから。

たくさんの人の中で自分をちーとばかし大きく見せて「目立たなあかん」と勝手に思っていたし、

みんながブログで「俺ってかっこいいだろ?」的な、かっこいい自慢をしているように見えてしまったから。

(これはわたしの歪んだ心が見えた景色であって、実際はちがう)

 

SignaLを辞めてからは、

わたしはなんのためにライターをしているんだろう?

かっこいいと思われたいから?

ちやほやされたいから?

有名になりたいから?

ほんとうに書きたいことって、なに?

わたしがライターやっとるのって、こんな薄っぺらい想いしかないの?

 

などなどと想い考え向き合うことで、自分でもわからなくなり、

ちょうどお話をいただいたので、1年間の契約で就職しました。

 

そこで、また、いろいろと人間模様があり、

若い人たちや県の職員さんたちにプライドをぶっつぶされました。

編集者として、ライターとしてのキャリアを、見事に蹴散らされたのです。

わたしはぺしゃんこになり、自分にはなんもないのだ、なんもない人間なんだということを悟りました。

 

もちろん、若い人たちや県の職員さんは、意図的にわたしをいじめようとしたわけではなく、

仕事を通して、それぞれのやり方をしただけ。

(これはわたしの歪んだ心が見えた景色であって、実際はちがう、再び)

今となっては、とてもとても良い経験となりました。

彼らから、たくさん教わりました。

あれがなかったら今のわたしはありません。

心から感謝しています。

 

そのとき作ったのがこれ。

minato

長良川ブランドブック「湊」

 

其の壱と其の弐があります。

鵜飼観覧船の船頭さんや川漁師さんに取材しました。

これまでライターとしてやってきた取材法を捨てて、

新たな気持ちで挑んだ、長良川が大好きになる一冊です。

(SignaL事務所にあると思うので、ぜひ、手に取ってみてください)

 

・・・・・・・・・・

 

契約期間を終えてから、わたしにはなにもないことがわかったので、

書く仕事を辞めようと思い、名古屋の人材派遣へ登録に行きました。

 

が、20年もパソコンを使っているのにずっとMacだから、

Macのワープロソフトを使いこなす自信はあるのだけど、WordとExcelには自信がない。

使えないこともないんだけど、自己アピールできるほどでもないので、履歴書みたいなシートに書けない。

おまけにライターの仕事は接客に通じるものがあるのだけど、

実際にお店で働いていないので、キャリアとして書き込めない。

 

結果、わたしのシートは真っ白。

なんも特技も特徴も資格もなく、年齢だって45だし、働くところが見つかりません。

またまたわたしにはなにもないことを知りました。

要は、20年間、取材して原稿を書くことしかやっとらんのでした。

 

・・・・・・・・・・

 

そんなこともあって、途方に暮れていた昨年の6月、

友人でイラストレーターのすぎやまえみこが「一緒にやらへん?」と声をかけてくれたのが、

先日、じゅんこちゃんがSignaLプログで紹介してくれた本でした。

 

写真 2

 

「レズビアン的結婚生活」(イースト・プレス)

東小雪+増原裕子

まんが・すぎやまえみこ

 

すぎやまえみこと一緒に小雪さんとひろこさんに長い長いインタビューをし、

それをすべて文字に書き起こして、

どんな内容を入れたらいいか考えたりするお手伝いをさせていただきました。

 (SignaL事務所にあると思うので、ぜひ、手に取ってみてください)

 

・・・・・・・・・・

 

また、11月には美容室「シエスタ」の15周年記念として、

高校時代からの友人でもあるオーナー・晶子(まさこ)の半生を綴った冊子を作らせてもらいました。

 

I002895748_349-262

 

「Siesta これからも つづく ものがたり」

 

表紙はすぎやまえみこ。

IllustratorやPhotoshopが使えなくても、

WordからPDFに変換すればそのままネットの印刷屋さんに出せることがわかったので、

慣れないWordでレイアウトもしました〜。

 

・・・・・・・・・・

 

だれかの人生を取材させていただき、文を書いて、その人を紹介する。

 

やっぱりわたしには書くことしかないのでしょう。

そうなると今度は、本気のエッセイが書きたくなって、

だったらたくさんの人が見てくれるSignalでやりたい!と思い、大月さんにお願いしたのです。

 

以上でSignaL復活までの物語は終わりなのですが、

ブログのいちばん上の青い帯に書いてあるタイトルを見てください。

ふふふ!

ゆるいでしょう?

 

そう、ゆるく、楽しく書いていきますので、よろしくお願いします!

 

 ・・・・・・・

【おまけ画像】

 ・・・・・・・

 

1月に原宿で行われた「ふたりのママから、きみたちへ」「レズビアン的結婚生活」の出版イベントにて。

 

IMG_0582

左がひろこさん、右が小雪さん。

とっても爽やかなおふたり!

実名を公表しての活動は、想像つかないほどの勇気と強さ、しなやかさが必要だと思います。

お人柄もステキです。心から尊敬。

うしろの着物がすぎやまえみこ先生。

 

IMG_0579

出版イベントで司会をされた荻上チキさん。

右の着物がすぎやまえみこ先生。

 

 IMG_0578

打ち上げにて。

右が装幀の祖父江慎さん!神様!

隣りに座っていただいた瞬間、ふわりと包まれるぬくもりを感じました。

左はしに見切れているのが顔出しNGの100%ORANGEさん。

わたしの左の着物がすぎやまえみこ先生。

 

写真を撮るのを忘れていましたが、

一緒にお仕事をさせていただいた「よりみちパン!セ」編集長の清水檀さんもチャーミングでステキな方でした。

すっかりパン!セのファンになり、本を買い集めています。

 

そして、紙面全体をデザインされたコズフィッシュの佐藤亜沙美さん、

かわいくておしゃれで、仕事が早くて、もう、大拍手です。

 

こんなツイートを見かけました。

 

 soendayo

 

すぎやまえみこのおかげで、素晴らしい一夜だったこと、ちょっと自慢してみました。

さあ、この出来事をいい意味で忘れて、次へ進もう。

 

・・・・・・・・・・

 

ここまで書くのに3時間半かかったー!

これからもずっと、これくらいの気合いで書きますゆえ。