ITO HIROKI

いつでもまっすぐ歩けるか。

ITO HIROKI

赤と緑と地産地消

11.9, 2018

L1005748

 

 

 

岐阜県海津市にある、後輩のイサオの「GREEN HOUSE」

 

ここが「ミニトマトイトウ」の仕入先。

 

 

 

L1005747

 

 

L1005752

 

 

L1005771

 

 

 

もともとは愛知県渥美半島でミニトマト栽培の修行をしてたイサオ。

 

彼もちょっとハゲてきたようだ。

 

そんな彼のミニトマトが美味しくて惚れ込んでのミニトマトイトウ。

 

ハウスでもぎたてのミニトマトをすばやくお届けするので鮮度はグンバツ。

 

ちなみにミニトマトの鮮度はヘタを見れば分かります。

 

 

 

L1005762

 

 

 

これ、もぎってすぐのヘタ。

 

ツンツンでしょ。

 

お届け時、ここまでは維持出来ませんが。。

 

 

今シーズンは来週より始動。

 

昨年より岐阜県西濃地区にかぎり、3カップ(¥1,800)以上お買い上げの方のみ無料配達をしております。

 

フェイスブックインスタ、LINE等どこからでもご注文可能でーす。

 

LINE ID ( hirokiito0108 )  ヒロキイトウゼロイチゼロハチ

 

 

 

 

 

そして、私ごとですが、缶コーヒー(レインボー)を1日に4本は余裕で飲んでたんですが

 

最近、脳の健康のために、コーヒーの摂取を減らしています。

 

コーヒーというか、糖分と乳成分をちょっとだけ制限しています。

 

なので、コーヒーの代わりにお茶。

 

「渋谷 幻幻庵」の水出し茶。

 

 

L1005787

 

 

 

ティパックと水を入れ30秒ほど振ると出来上がり。

 

 

 

L1005803

 

 

 

簡単で美味しい!!

 

「簡単」っていう部分だけならペットボトルのお茶を買うほうが簡単なんだが

 

自分で振って「徐々に色が変わっていく」というのが毎朝楽しい。

 

 

そう。そういうとこなんだな。きっと。

 

モノとコトの見事な両建てです。

 

 

 

この、瞬時に水でお茶を出すって技術は難しいのかな〜??

 

 

これ、揖斐茶で出来たらいいのにな。

 

でね、「お茶」というレッドオーシャンで売るんじゃなくて

 

「振って色が変わる」ってとこに視点を変えてブランディング(印象操作)

 

したら外国人観光客だけでなく「子供」も楽しんでくれそう。

 

子供にウケたら親はお金出すよ。w

 

 

 

地産地消エコノミーって、生産者と消費者の両方にメリットあるよね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間お世話になった代行の運転手さんが言ってました。

 

「今日はハナキンですからね〜。いや、ハナキンって言葉はもう死語ですかね〜。」

 

 

まてまてまてまてまてぇーーーーーーっい!!!!!! 

 

その時は言えなかったけど、僕は毎週その死語を書き綴ってますよ。 

 

 

 

さー、ハナキン。

 

皆さん、よい週末を〜☆

 

 

 

 

名称未設定アートワーク

ヘパリーゼとシャンデリーゼ

11.5, 2018

edf

 

 

edf

 

 

 

先週末。

 

久しぶりに千鳥足になるくらい呑んだ金曜日。

 

僕は覚えている。

 

本来なら僕が呑まなきゃいけないお酒を後輩のRがこっそり取り上げ

 

代わりに呑んでくれてたのを。。w

 

自分の弱さや限界を、後輩に示しておくと助けてくれる。

 

いやぁ〜、ありがたやぁ〜。ですです。

 

千鳥足でも、最後まで立ってたら勝ちだ!! w

 

ありがとうR。

 

そして楽しい夜をありがとうフォーチュンクッキー。

 

 

真の「自立」とは、人に頼れることであ〜る。

 

 

 

 

 

 

そして翌日。

 

20年以上ぶりだろうか、とあるOB会が開催された土曜日。

 

あの頃の記憶はもう、だいぶ霞んではいるがなんとなく記憶を繋ぎ合わせ

 

思い出話をツマミにした、二日酔いからの向かい酒な夜。

 

 

あの頃の僕は人見知りでシャイでした。

 

そんな人見知りでシャイな自分を克服したくて高校時代はバンドを組んで

 

人前に立つ事へ挑戦した。

 

しかし、当時僕はギターで、まだまだ人前で声を出す事には抵抗があった。

 

高校卒業後、ちょっとだけDJをかじり、そこからPCでのトラック(曲)制作にハマり

 

そのトラックにラップを載せたくなり、遂にマイクを握る事に挑戦。

 

そう。BORDER LINEの結成。

 

 

僕って、どっかMっ気があるんでしょうね。

 

苦手なことを克服したくなる。自分を辱しめたくなるというか。

 

そしてそんな小さな成功体験の積み重ねが、自信へと繋がるんでしょうね。

 

バカだね。w

 

 

 

そんな経歴など知るはずのない、20年ぶりの再会はさぞかし意外だったかもしれない。

 

僕の十八番の「LOVE YOU ONLY / TOKIO」もしっかり聞かせておいた。(笑

 

 

K社長、ご馳走様でした。そして楽しい夜をありがとうございました。

 

という、結局K社長ありきな夜。

 

やはりデキる漢は魅力的なわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして弊息子4ヶ月。

 

寝返りからの寝返りという、まだ一方通行ではあるがサブロクをメイク開始。

 

というわけでリビングを安全地帯へ模様替えオフコース。

 

各角にクッション材を設置するという、きっとどの家庭も一度は通るであろう子供あるある。

 

 

 

L1005732

 

 

 

そのクッション材と色合いの選択、貼り方が抜群に上手い僕。w

 

我ながら感動。天才。俺すげー。w

 

 

 

L1005736

 

 

 

そして、弊息子の「小さな自然界」には、本が当たり前にあるという環境作り。

 

なぜなら、僕自身が本は重要だと感じているから。これはたぶん当面は普遍的な要素。

 

 

タブレットからもいろんなビジュアルが飛び出すし、本の中にもいろんな絵やストーリーがある。

 

でんでん太鼓も音を奏でるが、タブレットのドラムマシンも音を奏でる。

 

「デジタルとアナログ」という分別する言葉自体が、もうナンセンスなのかもしれない。

 

 

 

 

そして1才を目処に、AI(人工知能)を彼の「小さな自然界」に仲間入りさせようかと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

名称未設定アートワーク

 

通常からの逸脱

11.2, 2018

L1005725

 

 

 

本日のランチ。

 

ほっともっとのステーキ重弁当。

 

先輩二人と公園ランチミーティング。

 

 

 

クリエイティビティがいかなる仕事にも重要であるというのは

 

今年いろんな書籍から学んできたことでもある。

 

 

 

 

物質的充足から心の充足へ

 

 

高度経済成長期には「共通の豊かさ」があった。

 

マイホーム、マイカー、家電に学歴、肩書きに終身雇用。

 

しかし今、モノが「ある」時代においてそれは「多様な豊かさ」へと変わった。

 

更に追い討ちをかけるように、インターネットが掘り起こした”多様性”の可視化。

 

それには捉え方により、いい面と悪い面がある。

 

 

 

僕は僕らしく。あなたはあなたらしく。

 

 

まー、確かにそうではあるが、だからといって利己的な”自由”のみを肯定するわけではない。

 

さらにそれは「他人と自分を比べる」ことではなく

 

他人を知ることによって「自分を知る」ということこそが大切であると歴史の偉人から学ぶべきである。

 

自分を知り「足るを知る」

 

「足るを知る」とは老子の言葉。

 

 

 

 

しかし、とはいえど、まだまだ僕らは既存の社会の中で働き、価値を創出していかなきゃならない。

 

そんなまだまだ平均年齢40歳ほどのオトコ三人が、公園の芝生で弁当を広げる。

 

 

いつもと環境を変えることにより、創造とアイデアが生まれるのではないか??

 

そんなパイセンの先導の元、今回の公園ランチミーティング。

 

 

ちなみにアイデアに詰まったら、この本オススメです。

 

「考具 / 加藤 昌治」

 

 

 

 

いくつものワラジ(経験と知識)を履こうとするのは

 

目の前のユーザー(他者)に、少しでも多くの満足度や価値を提供したいから。

 

というのが、この三人の共通項。 

 

 

それって綺麗事に聞こえるかもしれないが、そうではない。

 

なぜなら、他者においても自分においても

 

「効用(満足度)」の最大化こそが人にとって最高のインセンティブ(報酬)なのです。

 

 

 

 

生き残る種とは最も強いものでもない、最も知的なものでもない…

 

それは変化に最も適応したものである。

 

by ダーウィン

 

 

 

 

人が歩んだ後ろにしか「カルチャー(文化)」は形成されない

 

 

さー、今一度みんなで旗を上げよう。

 

「自立分散型水平思考の変幻自由なチーム」こそこれからは最強な時代。

 

あたっくかるちゃーわんすあげいん。

 

 

あなたの特技はなんですか?

 

僕は”自分を律する”のがまーまー得意です。

 

 

 

 

 

 

しかしアレですね。。昼間の公園だとエロ話の一つも出てきやしないのは

 

それはそれでちょっと寂しいですね。笑

 

 

 

 

 

さー、今年も残すとこあと2ヶ月。

 

ここから年末に向けては言語化してアウトプット強化期間としたいので

 

いろんな人たちに会いたいなぁーと思ってます。

 

 

皆さんお誘いお待ちしておりまーーーーっす!!

 

 

 

 

 

 

まず今週末はおパーティ&OB会。

 

皆さんもよい週末を〜☆

 

 

 

名称未設定アートワーク

 

いつもの”景色”と考具

10.29, 2018

L1005711

 

 

 

まだまだ子供が小さいため、毎週末は嫁と食料品の買い出しへ。

 

どうやら僕は今まで、あまり食料品の値段が分かっていなかったようだ。w

 

面白いね〜、様々なモノの値段を見るって。

 

そしてそこで毎回感じるですんが、やはりスーパーのボトルネックは「レジ」ですね。

 

ほぼ確実にレジでは並ぶ。待つ。

 

キャッシュレス率はかなり高いように感じたので、そうなると、あのバーコードを読み取るのを

 

空港の持ち物検査の時に通すようなスキャン式で、全体をスキャンしてピッと合計が表示されればいいのにな。

 

 

 

L1005713

 

 

 

ま、言うのは簡単なんですが、日常のこういった「不便」や「問題」を探すというのを

 

ゲーム感覚でやってみると面白いです。(笑

 

合理的と非合理的探しゲームといったほうが考えやすいかも。

 

 

 

 

L1005718

 

 

 

そして今年も新米の季節。

 

20年後。

 

今、お米を作ってる人たちが引退した後、うちの地元の田んぼたちはどうなっていくのだろうか。

 

ドローンで田植えと稲刈りが出来るようになっていれば、その時は僕が稲作(操縦)しよう。

 

そうしよう。

 

「伊藤家の新米」もうじきです。

 

 

 

 

L1007147

 

 

 

そしてそして「ミニトマトイトウ」

 

今年は11月初旬より収穫が始まるとのこと。

 

”ミニギフト。ビッグサプライズ” 

 

今年も自分用はもちろん、手土産にもぜひどーぞ。

 

すでにご注文いただいてる方へは用意出来次第、順次連絡させていただきますね〜。

 

いつもいつもありがとうございます。

 

 

 

 

L1005704

 

 

 

そしてそしてそして弊息子。

 

どうやら「パパみしり」と呼ばれるものが始まったようだ。。

 

あんなに僕の顔を見ただけで笑っていたのに。。

 

 

今は泣きます。

 

 

泣きたいのは僕ですよ。w

 

 

 

解決策は、、嫁に変装してみるか。 

 

 

 

 

 

 

 

名称未設定アートワーク

 

 

ドラフト会議は…

10.26, 2018

 

 

幼い頃。

 

ドラフト会議は、なんかのビールのサミットかと思ってました。

 

 

 

昨日。

 

昨日、ランニングで2.8km走りました。少しずつ距離を伸ばしてます。

 

このペースだと、まさかの42.195kmもなくはないかもしれません。

 

 

 

最近。

 

最近解放された安田さんと僕が似ているというご指摘をいただきました。

 

顔です。

 

いや、ヒゲだと思います。

 

 

 

いつか。

 

いつかやってみたい事の一つに「ビールかけ」があります。

 

なので、とりあえず誰か「優勝」してください。

 

 

 

読書の秋。

 

読書の秋ってワケではないけれど、本を読まないと気持ちよく寝れない体になってきました。

 

たぶんこのままのペースだと、二宮金次郎スタイルになっていく気がしてます。

 

背中には「薪」ではなく「モバイルバッテリー」を背負う予定ですが。

 

 

 

写真の整理してたら。

 

写真の整理をしてたら、壮大なカラスの群れに遭遇したのでカメラを向けたのを思い出しました。

 

しかし、シャッターを切る頃には壮大に逃げていくとこでした。

 

「鳥籠の中のカラス」って、あらためていい言葉ですね。

 

 

 

L1005369

 

 

 

禅の言葉に「七走一坐」(しちそういちざ)という言葉があります。

 

 

七回走ったら一度坐る。

 

 

その言葉には「最大限のポテンシャルを引き出す」という意味があります。

 

そして”一”度”止”まると書いて「正」

 

これもまた、いとおかし。おすし。ペコリ。

 

 

 

 

 

 

 

さー、ハナキン。

 

Netflixの「人狼」おもしろかったです。 

 

皆さん、よい週末を〜☆ 

 

 

 

 名称未設定アートワーク

 

キムチと豆もやし

10.22, 2018

edf

 

 

 

地元の同級生とサシ飯。

 

何年ぶりでしょーか。一緒にご飯を食べるのなんて。

 

 

僕は始めて訪れた焼肉屋さん。

 

僕はキムチと豆もやしで焼肉屋さんとの相性を判断するんですが

 

こちら、最高でした。w

 

 

 

さて、そんな久しぶりな彼とは十代の頃、めちゃめちゃコンパした間柄。(20年前につき時効)

 

あの頃、彼の家に泊まった翌朝、彼の母親が作ってくれた味噌汁は最高でした。w

 

 

あれから多くの時が流れ、お互いいろいろと環境は変わったけど

 

まー、お互い中身は対して変わっていない。

 

いい意味で。w

 

 

んで、ここの焼肉屋さんの店主の話が良かった。

 

「立派な人間ってのは、、」

 

という、店主なりの立派な人間を見抜く術。

 

勉強になりました。

 

やはりキムチと豆もやしの相性がいいお店だ。まちがいない。w

 

 

 

 

二十歳が「成人」なら、四十歳は「社会人の成人」

 

そんな第二の成人が目前な僕ら。

 

 

 

 

 名称未設定アートワーク

 

『心霊×カルト×アウトロー』と道(タオ)

10.19, 2018

RS=^ADBJq7vVdT15O7gyedDnvHaLqOfW_k-

 

心霊×カルト×アウトロー』

 

 

以前に、クラウドファンディングで見かけて気になってたのが、なんと

 

Amazonプライムビデオにて配信しておりました。

 

 

最近話題になってた『カメラをとめるな!』と同じではないけど同じような

 

いい意味でのB級感が楽しめる作品。

 

僕は好きだな~『心霊×カルト×アウトロー』

 

 

ネタばれは避けますがこの作品、終わりが決して「スッキリ」でも「ハッピーエンド」でもない。

 

だからこそ感じる「リアリティ」

 

そういったあたりがとても面白かったっス。

 

 

そういえばNetflixでしたっけ??

 

エンディングを視聴者によって選ぶことが出来るドラマや映画を製作中とかなんとかって。

 

どうやら世界各国津々浦々、お国柄によって「スッキリ」の定義が様々らしい。

 

 

 

『心霊×カルト×アウトロー』の終わりかた、僕はなんだか好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて続いて、質問箱。

 

 

 

3888d236

 

 

 

くぅーーー。嬉しくて涙なしでは読めない投稿。

 

ありがとうございました。

 

 

まさにそうですよね。

 

子の選択肢(思考)を広げてあげるのが、唯一、親ができることかもしれません。

 

親が出来もしない or 論理的に説明できないのに「アレやコレや」と子に押し付けるのは

 

まるでマウントを取ってるようで、僕は違うと思ってます。

 

 

あと、最近知った言葉なんですが「文化資本」

 

言われてみればな〜るほどといった文化資本。

 

文化嗜好(趣味)に生活環境、結局んとこそれって「親(大人)」の影響が大なんですね。

 

今後さらに深掘りしてみようと思うテーマです。

 

 

 

我が子といえど「自分ではない」ゆえに「他人」なんです。

 

 

 

質問者さんにはこんな本もオススメかもです。

 

すでにご存じでしたらスイマセン。

 

『ボケない人がやっている 脳のシミを消す生活習慣』

 

あの高城剛氏も推薦!! ってとこが僕がこの本を手にした理由ですが。w

 

 

タイトルだけ見ると、脳のシミだのボケだの、あまりまだ私生活に関係なさそうな感じですが

 

中身は脳の健康は腸から、そして「病と食の関係性」といった健康本的な感じではあります。

 

が、そこらの健康本よりも、すごくわかり易く、例えが秀逸で、尚且つ文字数もそこまで多くないので

 

スラっと読めます。

 

子供から大人まで、全人類に対応する内容かと。w

 

 

 

高城剛氏をはじめとした「現在より5年くらい先の生活をしてる」といわれてる人たちに共通するワードとして

 

”健康”や“予防医学”なんてのがあります。

 

 

現預金やモノなどの「有形資産」もそれはそれでいいですが

 

適合能力や知識教養、健康などの「無形資産」の蓄えがこれからはさらに重要だと僕はうっすら感じてます。w

 

「文化資本」も無形資産といっていいでしょー。

 

 

よくよく考えると、無形資産って「普遍」なものが多くないっすか。

 

って、また哲学的な流れになっちゃいますが。。

 

 

で、本は読むだけでは意味はなく、アクションに繋げてこそ初めて意味を成す。

 

 

腸内環境を整えるため、僕はランニングを始めました。

 

乳酸とミトコンドリアのバランス云々って書いてあったので試してみます。w

 

 

ただし、僕は「ストレス」が一番ダメだと思っているので、極端には変化させず

 

ストレス負荷があまり自分自身にかからないように心掛けております。w

 

それこそが、僕がタバコをやめない理由です。さーせん。ペコリーノ。自分に甘い。。

 

 

夜の田舎道でのランニングは、不審者と間違えられかねないので

 

最低限のそれっぽいアイテムを装備してみます。

 

 

 

L1005707 2

 

 

 

さー、ハナキン。

 

2kmって、思ってたより長いのね。。

 

そう思うとフルマラソンって、、神の領域ですね。w

 

 

皆さん、よい週末を〜☆ 

 

 

 

 

 

 名称未設定アートワーク

 

「遅い」インターネット

10.15, 2018

L1005702

 

 

 

『PLANETS vol.10』

 

宇野常寛さんが編集を務める雑誌。

 

先行予約で直買すると、宇野氏の手紙とこの雑誌の解説が付いてくるという特典。

 

いまや雑誌や本も、売り方いろいろ。

 

 

 

 

内容はと言いますと”「考える」ための言葉を届けに来ました”が物語るように

 

ホントこれ、すごい切り口と考察です。

 

 

僕が一番この本で気になったのは

 

”いま必要なのは、もっと「遅い」インターネットだ”

 

というところで、この場合の「遅い」とは、システム的な早い遅いの話ではなく

 

「情報」の送受信に関して。

 

発信する側も受信する側も、毎回一呼吸おいて自分の頭で考えてみようよ。

 

と、いった感じ。

 

そして、そのタイトルでの巻末座談会では

 

CAMPFIREの家入一真、コルクの佐渡島庸平、幻冬社の箕輪厚介とPlanets宇野常寛の対談。

 

面白い!!

 

 

 

 

無益なモノがあふれた現状、その揺り戻しで有益なモノは閉じていく。

 

 

 

「政治」に対するカウンターとして、ミレニアム以前には「サブカルチャー」があった。

 

しかしミレニアム以降、「サブカルチャー」の立ち位置に「テクノロジーやシリコンバレー、深セン」が

 

台頭してきたという宇野氏の考察にはとても納得がいく。

 

 

かなり幅広い内容でボリュームもたっぷり。

 

気になる方ぜひかと思います。 

 

 

 

 

 

ちなみに余談ですが、今時情報や知識を得るなら本じゃなくてインターネットでいいじゃん!?

 

って思ってる方多そうですが、本は校閲されてるけどインターネットってある種自由ですからね。 

 

インターネットネイティブな時代において、「情報の取捨選択の作法」は重要な課題です。 

 

 

 

 

 

 

そして弊息子。

 

 

L1005672

 

 

 

遂にワンエイティ(寝返り)を決め、ドヤってた週末。 

 

しかし、そこからどうすることも出来ず、泣いてフィニッシュ。。

 

 

早くサブロク(一回転)出来るようになってください。。

 

 

 

 

 

 

 

 

名称未設定アートワーク

 

 

 

モリモリ

10.12, 2018

L1005647

 

 

 

SignaL大月さん、Collegeヨコチンの誕生日会@ホズモリ。

 

with FLAGしんやくん、NOT CURRYスーさん、NOT CURRY OBのサナックス

 

そして若手ホープのキミくんにリョースケ。

 

 

”集まる口実”を与えてくれる「誕生日」ってなんか素敵やん。

 

 

大月さん、ヨコチン。よい一年を~☆

 

 

 

 

 

 

ブログを遡って投稿してくれたんですね。

 

嬉しいっす。ありがとうございます。

 

久しぶりの「質問箱」 

 

 

 

65c724f3

 

 

 

ご質問ありがとうございます。

 

 

さて、質問文の「国産ファミリーカーよりも外車を購入したほうが…..賢いんじゃないか。」

 

その”賢さ”の定義がちょっと質問者さんの私生活が見えないと分からないんですが

 

その賢さというのを「ランニングコスト」、「妻子との使い勝手」、「所有欲」

 

のどれかかな~と考えると、たぶん質問者さん的には「所有欲」が一番なんじゃないかと

 

勝手に推測します。

 

男の子か女の子か分かりませんが、お子さんが小学校にあがってスポーツ少年団とか始めると

 

送迎や荷物の運搬において、ワンボックス等の大きな車のほうが利便性は高いように思います。

 

 

しかし、一番いいのは「ほしい車に乗る」

 

 

国産よりは故障する可能性が多少高くても、荷物が多少載らなくても

 

「ほしかった車」ならある程度許せるはずです。

 

 

 一番ほしい車に乗りましょ~~☆

 

 

 

 

 

 

そんなこんなでご質問ありがとうございました。

 

またリンク貼っておきますので、ご質問ございましたらお気軽にどーぞ。

 

 

 

「イトーヒロキの質問箱」

 

 

 

 

 

 

さー、ハナキン。

 

ホズモリのチョレギサラダはやはり最高です。

 

皆さん、よい週末を〜。 

 

 

 

 

 

 

名称未設定アートワーク

 

儀式と資本主義の未来と教育と

10.9, 2018

L1005663

 

 

 

弊息子のお宮参りとお食い初め。

 

僕が38年前に使用した着物を再び纏う弊息子with祖母。

 

 

ってか、親のこういった物の保存能力の高さって凄いな。

 

すくすくすくすくもうじき4ヶ月。

 

 

 

1539012752505

 

 

 

「美味しい食べ物はまだ分かんないけど、お風呂はなんだか気持ちいいyo!!」

 

との表情。

 

 

君が親になる頃、こういった儀式はどこまで残っているんだろう。

 

「儀式」とは「思い(想い)出づくり」なんだと思える人となりますよーに。

 

 

 

 

 

と、そんなことを考えながら日曜の夜の 「NHK マネーワールド」

 

 

 

資本主義とお金の未来について。

 

めちゃめちゃ面白かったので、ここ最近の僕の薄っぺらい知見と共に今日は綴ります。

 

 

 

中央銀行(日本では日銀)が発行するお金の量は年々増え続けているのに

 

そのお金の流通量(回ってる量)は年々激減。

 

経済の中で中心となるお金が回っていない状況。

 

 

人間に例えると、血液が体内を回っていない状態。

 

それは不健康であり、いずれ大病を患う。

 

 

現状の資本主義の限界は、我々個人レベルでも日々の生活から感じるレベル。

 

資本主義のアップデートの為の「キャッシュレス社会」

 

そして、今までは「資本主義」一択だった社会に

 

「データー主義」や「信用経済」や「価値主義」

 

といった複数のレイヤーが絡み合う「新しい経済圏」ができてくるであろうという話。

 

 

経済活動とは主に「課題や問題提起」という社会のニーズに対して

 

それらの解決策として「モノやサービス」を提供し、それの対価として「なんらかの価値」と交換することなので

 

「経済圏」を別のフレームで再現するのは容易であると僕は思う。

 

 

現代において資本主義だけでは、みんなが「豊か」になれるとは思えない。

 

故に「選べる経済圏」って、なんかいいよね。

 

 

 

複数レイヤーな経済は、まさに「経済合理性の極み」だと僕は思ってます。

 

明るい方へ。

 

 

 

 

 

「子の教育」を考えた時、まずは親(大人)が学ぶべきだと考えている。

 

「教育の本質」は哲学と生物学だ。

 

ダーウィンなんてちょうどいい。

 

 

今までの「大企業を目指した逆算的な教育」よりも

 

「普遍と原理と美意識」を積み重ねた教育を。

 

いずれ「社会」の中で立つ「子」のために。

 

 

 

 

 

では皆さま、よい一週間を〜。

 

 

 

名称未設定アートワーク