OHASHI SHINTARO

ON ⇔ OFF

OHASHI SHINTARO

備忘録

7.11, 2017

昨日の続き。

 

昨夜はLife planningの相談に名古屋へ。

酒抜きで5時間とことん僕のトークに付き合って下さった兄貴。

6時間後、朝一LINEで改めて背中を押して下さるメッセージ付き。

相談する相手、間違ってなかったなw

やはり失敗を恐れず結果を出し続ける事の重要さと難しさを痛感している方の言葉は重い。

世論に負けない芯の強さを垣間見た夜でした。

ありがたやー。

 

追記

僕のお知り合いの中での話。

大胆にみえる方の大半が実は緻密ですw

「俺、勉強しねえよ」って一緒に遊んでたのに

僕らが寝てる間に睡眠削って勉強してるっていうアレです。

きっと(笑)

 

 

 

 

追伸

7.10, 2017

40歳を節目に少し生き方を考えようと10年前から決めていました。

もうすぐです。。。

 

既に誕生月(9月)に向け準備を進めています。

今夜もある方にご相談させて頂く為に名古屋に向います。

 

先月からステータスの高い順にクレジットカード解約中です。

財布の中、スッキリです。

 

また、今期の夏スタイルはTeeシャツに短パン、ビーサンに決めました。

途端に物欲が解消され非常に清々しい。

 

そうなんです同時進行で見栄と欲望の整理も始めてます。

もっともっとシンプルな自分を目指します!

 

「お金が全て」と「お金はツール」の対曲線上で

アタマと心のバランスを測れないまま30代を過ごしてきましたが

ようやく、それが解消されそうですw

 

Business to Happiness

 

6.26, 2017

僕は「和」という漢字が大好きです。

平和の「和」、調和の「和」、昭和の「和」、和風の「和」・・・

娘の名前にも一字「和」を入れたくらい「和」のファンです。

 

人って寂しがりな生き物じゃないですか。

だから、きっと「輪」を持ちたがるんですよね。

人って個だと無力じゃないですか。

だから、きっと「輪」を持ちたがるんですよね。

 

偽善的に作られた「輪」は、どうでも良く

馴れ合いな「輪」なんて寒気がするくらいキライ。

気持ちが自然と落ち着く「輪」が僕には必要です。

すなわち「和」なんですよね。

 

もっともっと「和」を膨らませていきたいな。

独り言。

幸福度

6.15, 2017

幸福とは、お金では買えないモノであり

「最上級」の楽しみ方を知っている者にだけ宿る感覚でしょうね。

ゆとりとは、決してお金で買える代物ではない事も付け加えておきます。

 

だからこそ平等であり人それぞれなのです。

目線とハードルを下げ良いパートナーに巡り会う事さえできれば

お金持ちにはなれなくても誰だって幸せにはなれるのです。

 

引続き幸せを追求しよう。

叶える

5.29, 2017

僕は、欲張りです。

やりたい事がたくさんあります。

 

ただし、自分のキャパシティーの限界も承知しています。

年を重ねるにつれて立場が変わってくると余計に限界を感じます。

逆にやりたい事はどんどん増えていきます!

 

だから常にトレーニングしてきました。

「何かを得たいなら何かを捨てる」作業を繰り返してきました。

 

昔から非現実な事を口にしてから行動するタイプです。

叶ったことも叶わなかったことも両方経験してきました。

 

叶わなかった場合はこう言われます。

「新太郎って口だけだな」

 

そのたびに心の中でこう叫びます。

「お前ら何も叶えて無いじゃん」

*ディスる奴は大抵たいした生き方してません

 

僕は叶わなかった事を否定的に捉えません。

チャレンジした事を大いに誇りに思うタイプです。

 

でも、叶った方がより格好良い事も知ってます。

だから、失敗から学習する事は怠りません。

 

自分の欠点も知っています。

僕には「同時進行してしまう癖」があります。

非常に脳みそが疲れて体力消耗するってわかってます。

ただ、そういう性格だから仕方ありません。今更、変われません。

 

今もやりたい事が凄くあります。幸せです。

(必ずやり遂げなければならない事も含めて)

 

精神論に捉えられがちな「元気があれば何でもできる」の猪木節は

本当は凄く凄く「理に適った言葉」の様な気がします。

 

だって、生きてるから叶えられるんでしょ。

 

B to H

5.23, 2017

当社は、B to B の商売をさせて頂いております。

ご存じでしょうがB to B とは Business-to-business(法人顧客向け取引)の略です。

その対象で使われるのがB to CでBusiness to Customer(個人顧客向け取引)の略です。

 

過去に成長計画を起てようとした時、この区分けが大きく邪魔をしてきました。

理由はたくさんあり過ぎるので割愛しますが来期はこの区分けを取っ払う事にします。

 

イメージはB to H  Business to Happiness(幸せ向け取引)です。

(早朝、4時に目が覚めた時、降臨してきたんすよ)

この場合の「幸せ」には企業と従業員と顧客が当て嵌はまります。

 

それぞれの幸せを達成する為に、業種、業態に縛られず駆け抜けたいと思います。

B to H いい言葉でしょう!!!気に入ってますw

スタートライン

5.15, 2017

僕が今最も気になる人。

第25代フランス大統領のエマニュエル・マクロン氏。

彼とは共通点が多い故、ついつい応援してしまう。

 

1977年生まれの同い年。

そして、スーパー熟女好き。

 

政治や政治手腕については良く分かりませんが

きっと良い人だと思う(笑)

 

因みに彼の奥様はエマニュエル夫人と呼ばれるのだろうか?

出来ればそうであって欲しい。尚更応援してしまう。

 

39歳の若さで国政のドン、スタートラインに立った彼。

どんな未来を創造しているのだろうか?

 

子供の頃、運動会。先生に誘導されスタートラインに立った。

「よーいドン」のピストルで一斉に走り出す。

 

今思えば凄く良い時代だったな。

だって、わざわざスタートラインに立たせてくれるんだもんね。

そっから、みんなと同じ方向に走り出せば良いだけ。

ゴールも見えてるしw

 

その延長戦上で生きて来てるダメな人、結構多い気がします。

(指示待ち、誘導待ち、受動態)

昔の「正しい」は、今じゃ「悪」ですよ。。。

 

人生悲観してるアナタ!!そもそも本当にスタートライン立ってますか~??

自ら走る方向、速度を決め、自らのタイミングでスタートラインにら立った事がありますか??

 

意外にね、意外にスタートラインに立ってない人多いんだわ(笑)

だって、僕も本当の意味で立ったの最近だもん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バランス

5.8, 2017

本屋さんに行くと相反する(肯定や否定する)書物たくさん置いてありますよね。

例えば・・・

バカになれとかバカになるなとか。

性善説とか性悪説とか。

ポジティブが良いとかネガティブが良いとか。

経営者は睡眠時間をとれとか睡眠時間をとるなとか。

ホントね、「どっちだよ」って思いますよねw

 

結局、凡人向けの書物が圧倒的に多い訳で

マーケットの需要を考えたらあってしかり、間違いではないんでしょうけど。

 

ただ、信念持ち合わせて無いのに、片側に洗脳されて突っ走るのは非常に危険だと思うんです。

(そもそも凡人で信念持ってる人どれくらい存在すんのかね・・・)

 

僕、凡人は如何にバランスを取るかだけだと思うんですよね。

著者だってきっと思ってますよ。

「俺の伝えたい事が100伝わる訳ねえ」とw

 

こんなキャッチフレーズの本なんて売れないでしょ??

「あなたにとっては美味しいかも、不味いかも?」

「使い勝手は良くも悪くもありません」

僕なら絶対買わないw

 

 気づきました??

結局、相反する内容の本をそろえる事によって箱全体でバランスを取ってるんですよね。

(きっと勝手にバランスとれてるだけなんでしょうが)

 

今度、本屋にいったら相反する内容の本を2冊買って読み比べて下さい。

もう、その内容の本質自体どうでも良くなりますよw凡人はね。

 

だったら、柔軟性をもってバランス感覚を養った方が

凡人の生きる道ってたくさん開けると思うんだよなあ~~~。

(これが意外に難しかったりもするけどね)

 

人生ってそんなもんですよ、きっと。

 

凡人の凡人による哲学です。以上。

 

意思決定

4.24, 2017

リーダーに必要な資質はたくさんありますが

必要不可欠なのは「意思決定」だと思います。

 

先日、ある方に同様のご質問をぶつけた所、同じような回答が返って来たので間違いないと思います。

「意思決定」というワードだけ捉えると大なり小なり日常的に誰もが行っている作業であるのですが

これが仕事や大きな組織での場面になると「自分とは別の人間に」に委ねがちというか中々自分では

「意思決定」できない方が多いような気がします。

 

知識の問題やトレーニング不足や立場上の問題等が理由に挙げられますが僕はそう思いません。

ただ単純に「他人の責任までも負いたくない」というのが本質的な理由ではないでしょうか。

石橋を叩いているフリをして渡る気が無い方が非常に多い。

 

企業で例えるなら、中小オーナー企業にそういった社員が多い様な気がします。

考える事を先送りしそれにより成長スピードが落ち変化の妨げになっています。

今まで決定してくれた立場の人間が世の中のスピードに追い付いていく事が難しくなり

今まで先頭で走ってくれた立場の人間が体力的な衰えからそれが出来なくなってきている。

だからこそ誰がやらなければならないのか?

 

地球上の中で変化できなかった生物やモノは消えてしまっている事実にお気付きでしょうか?

 

怖い怖い世の中です。

 

2017年

1.19, 2017

気付けば既に1月も折り返してますね。

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。

 

今年の目標として「全てにおいて簡素化」を打ち出しました。

何故、この様な目標にしたかと申しますと「時間を捻出したい」からです。

有限であるモノ、事柄の全てに対して全力で惜しみない努力をしてみようと思います。

 

皆様、どうぞ本年も格別なお引き立てのほど、宜しくお願い致します。